FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2011/02/04 (Fri) Librije's Hotel
2011/01/14 (Fri) Spokkで誕生日会

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パンコチを偶然発見~!!

34.jpg


ベルギーでは誰でも知っているパンコチ=Le Pain Quotidien
パチンコと読まないよーに。


また幼稚園の送り迎えで通る道の途中で見つけました。
幼稚園が去年引っ越してから、回りに色々と素敵なお店が増えて開拓するのが楽しいです。
相変わらず、アムステルダム音痴の私ですが、この辺はPijpという所だそうで、、、そういえばガイドブックでも見たような??

さて、パンコチとは?
1年前まで住んでいたベルギーの誇る(?)有名なパン屋&カフェのチェーン店。
ベルギー版Paul(フランスのパン屋)という感じかな?
レストランのように、食べられる時間が12時から15時とか限られていないカフェなのに、カフェよりもメニューも豊富で、チェーン店とは言っても、スープとかオープンサンドとかどれも美味しい人気のお店です。
パンも美味しいけれど、タルトやケーキも甘いけど結構美味しかったのを覚えています
我が家は寝坊した週末に外出した時、遅~い昼ごはんを食べるのがココでした。

フランスにもちょこちょことあるみたいです。パリ4件などなど。
マレにもあるらしいけど、最近かしら?昔住んでいたけど、知りませんでした。
ドバイなんかまで進出してるから、次は日本!?

昔はベルギーのルイーズのお店によく行ったけど、ベビーチェアも沢山あるし、オムツ変え台もあったり、子連れに優しいお店でした。

アムス店にはベビーチェアが2つありました。
りっくんがもう少し大きくなって、ベビーカーで寝てくれなくなったら(笑)このお店が使えると思ったり。。。。

今回は見つけたのが嬉しくて、早速パンを買いに行ったのに、結局たあくんとお茶をして、なんだかベルギーと比べたりしてたら、すっかりパンを買うのを忘れて帰ってきてしまいました。
久しぶりに食べたエクレアとブラウニーはやっぱり美味しかったです。
今度はパパも一緒に週末の遅めのランチに来ようと思います。

36.jpg


一つ気になったのは、幼稚園の後3時半ごろに行ったからかもしれませんが、パンもケーキ類もベルギーのパンコチに比べたら種類が随分と少ないかな。
オランダだからしょうがないのかしら。
誰もが知ってるドーム状のチョコレートケーキも大事そうに1つ飾られてるだけだし。
パンも(買うの忘れたけど)バゲットとパン・ド・カンパーニュとクロワッサンくらい。
それも、バゲットは焼きがあまいって感じで、パリじゃ売れなそうな白さ。
幾らオーガニックでもさすがに1.5ユーロは高くない?と言いたくなる小ぶりなクロワッサン。
今度、幼稚園に送った後朝一番でパンを買いに行ってみようかなぁ。。

お勧めしてるんだかしてないんだかという感じですが、近くに駐車できる場所が沢山あるし、空いてるからベビーカー連れで気軽にお茶するには◎です。


37.jpg
もちろんボクは寝てましたけど?
ベビーカーを荷物置きにしないようにー。


35.jpg
長男お気に入りオーガニックのはちみつ。



たまにはポチっとヨロシク。。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

アムステルダムで美味しいクロワッサンと言ったらLe Founil de Sebstienですが、幼稚園が引っ越してから通り道ではなくなってしまったので、最近めっきり行く回数が減ってしまいました。

近頃気に入っているのがSimon Meyssenのクロワッサン。

DSC_0239a.jpg


1個1.3ユーロと強気なお値段ですが、ここアムスでは中々美味しいクロワッサンにめぐり合わないから目をつむろう。。。

Sebastienのクロワッサンは生地がふわふわしているのに対して、こちらは中がちょっとしっとり気味で食べ応えがある感じ。もちろん外側はパリパリですが。
BruxellesのRobに売ってるルノートルのクロワッサンに似てるかも。
やっぱりちょっとオーブンで温めなおして食べるのが◎

Museumpleinの近辺に3店舗あり(私が知っているのは)、そのうち偶然2軒が幼稚園の送る迎えの通り道にある(2児の母にとってはカナリ重要)ので、これからも通うことになりそうです。

ちなみにもっとも分かりやすい場所にあるのが、Van Baerlestraatのプチ・バトーの右にあるパン屋さんです。。。。。


にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村


アムステルダムで見つけたお勧めチーズ屋さんです。

TROMP Henk van Kol
Utrechtsestraat 90 1017 Amsteldam
(日本人にも有名な和牛とイベリコ豚を扱うお肉屋さんYolandaの横です。)

オランダはエダムやゴーダ、オールドアムステルダムなどのチーズが有名ですが、全部ハード系でいつも食べていると、飽きる。。。。
アムステルダムには沢山チーズ屋さんがありますが、その殆どはオランダチーズがメインのショップ。
ココはフランスチーズも豊富でイギリスのブルーチーズ、スティルトンやスペインのガブラレスもあって、色々な国のチーズのいいとこ取り!

DSC_0112a.jpg


今回買ってみたのは、
フランスの
ボーフォー
エポワス
トム ドゥ サボワ
カブリ・アリエジョワ
ブドウの絞りかす(?)でマリネされたチーズ(一番奥の周りが黒いチーズ)名前ご存知の方います?
スペインのカブラレス
イギリスのスティルトン

おいしいぃ~~!!

オランダに来てまずいものばかり食べてるからっという訳じゃありません。
本当にどれもいい具合に熟していて食べごろ
いやー、このチーズ屋さんはパリで勝負してもイケルのでは!?と思うくらい美味しいです。

中でも特に気に入ったのが、カブリ・アリエジョワ。初めて食べました。
ピレネー山脈で作られている、山羊のチーズでモンドールのようなチーズといえば、チーズ好きには分かるかな?
熟すとトロっトロなチーズなので、丸い木箱に入っています。
山羊のチーズですが、くせもそれほど強くなく、カロリー高そうと分かっていながらバクバク食べてしまうくらい美味しかったです。

この日はついつい、美味しいチーズと一緒に食べるためにパンを買いにLe Founil de Sebastienにバゲット買いに走りました。
Ecreuille(スペル自信なし)というへーゼルナッツやレーズンの入ったパンをスライスしてトーストしたものをブルーチーズと一緒に食べても美味でした
フランス人はゴルゴンゾーラは買ってもイギリスのチーズなんて買いませんから、フランスで美味しいスティルトンとかあまり見かけることはありませんでした。
(もしかしたら、仏人の旦那の影響でパリでは目に入らなかっただけ?)
今回、スペインのカブラレスと一緒にブルーチーズの食べ比べをしてみました。
実はフランスのブルーチーズ、ロックフォールは私美味しいと思ったことなかったのですが、この2つのブルーチーズはとても美味しくいただけました。
私の好みはスティルトン。多分、ロックフォールなんかよりもカビ加減が控えめだからか、まろやかな味でした。
カブラレスは楓の葉っぱで包まれているのですね~。

うーん、チーズは奥が深い。


にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村


アムステルダムで美味しいパン屋さんを見つけました。

毎日幼稚園の送り迎えで通るOlypiapleinのLe Fournil de Sébastien

フランス人がやっているBoulangerie(パン屋)で、置いているのはバゲットにブリオッシュ、パン・ドゥ・カンパーニュ、クロワッサンなどなど、中に入るとそこはもうフランス!

オランダのパン屋さんでも、もちろん美味しいところはあるのですが、オランダ人は食パン好きなのか、ほとんどのお店は壁一面食パンで、ハード系のパンは周りもそんなに”ハード”じゃないし、シナモンが強いパンが多かったり(これってワインに合わせにくいらしい)、私的には”何かちょっと違う。。。”

まあ、どこの国に言ってもパンには”フランス風”を求めてしまう私が悪いのでしょうが、やはりパンとチーズとはフランスが美味しい。
(ワインもと言いたいところだけど、最近スペインやアルゼンチンとか他の国のワインもカナリいけているのであえて抜いてみました。)

ココのLe Fournil de Sébastienはリセ・フランセのママの間でも知らない人は少ないくらい有名なお店。
特に評判のクロワッサンはフランスのVendeeから毎週届くバターをたっぷりと使っておいしい~ぃです

DSCN0421a.jpg


クロワッサンは毎日1700個焼くとか!!
お店を2つ持っているみたいなのですが、それでもスゴイ人気ですよね。

ちなみに、季節限定で売られるガレット・デ・ロワ(1番目の写真後ろ)やカヌレ、パティスリーも◎。
地元の人にも人気のようで、週末はチケットを取って10人以上並ぶことも珍しくないようです。

ところで、何で色々と知っているかというと、幼稚園でココのパン屋さんを見学に行った時に、付き添いママとして参加させてもらったのです。

子供達はクロワッサンの作り方を習って大満足!
Sebastienが説明を始めると皆真剣そのものです。

DSCN0470a.jpg

ちなみにウチのたあくんはやる気満々で最前列で聞いてますっ。
将来パン屋!?



Le Fournil de Sébastien
Olympiaplein 119
1077 CW Amsterdam
Tél. : 020-6724211



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 アムステルダム日記, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。