FC2ブログ
ADMIN TITLE LIST


Recent entries
2011/02/04 (Fri) Librije's Hotel
2011/01/14 (Fri) Spokkで誕生日会

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2週間ぶりの助産婦さんの検診に行ってきました。

今日から臨月、出産も随分近づいてきたので、今回はお産が始まったときの連絡方法などを教えてもらいました。

まず、
・30~60秒続く陣痛が5分おき、1時間続いた時
・破水した時
・出血したとき
・不安な時!
に助産婦さんに連絡するらしいです。

私は病院で出産するのですが、とりあえず陣痛が始まったり、破水しても助産婦さんが家に来て子宮口の開き具合をチェックしてから病院に行くタイミングを決めるらしい。

要は病院は最後の”産む”時だけ行って、陣痛の殆どは自宅で耐えるって感じなのかな?
フランスでもそうでしたが、病院に行く時は分娩室に直行するのが普通で、日本のような陣痛を耐える待機室?みたいなのはないと思います。

オランダの日本人妊婦のバイブル「にんぷ ステップ チューリップ」で日本語でオランダの出産について色々と書かれている事を事前にチェックしておいたので、想像通りの説明でした。
この冊子はオランダでの出産の流れの説明はもちろん、病院出産で必要なものとかまで何でも日本語で説明してあるので、本当に便利な本です。

オランダの助産婦さんは結構大雑把なのかこちらが聞かないと必要最低限のことしか説明してくれないので、こういった本で知識を補わないとビックリが沢山ありそう。
アムステルダムは外国人が多いけれど、こんな便利な本があるのはマメな日本人社会だけじゃないかな。

フレンチスクールの幼稚園のママも何人か妊婦さんがいるのですが、オランダでの妊婦検診や出産には結構文句タラタラの人が意外と多い。
もちろん、毎回の検診が非常に簡略化されていることとか、エコーが少ないとか色々と原因はあるけど「にんぷ ステップ チューリップ」みたいな本を見ていると、随分と安心感が増すと思うのだけどなぁ。。
ま、それでもフランス人は何でもケチつけるのが趣味の人多いからダメかな?

ちなみにフレンチスクールのママ達はフランスに里帰りして出産する人も少なくないです。
あと、エコーを受けにわざわざブリュッセルに行ったり。
日本は、、、さすがに遠い




gigoteuse.jpg
たあくんの寝袋コレクションを出してみました。
左から新生児用、3ヶ月~6ヶ月用、12ヶ月夏用、冬用、1歳半。。。。。。
サイズ違いとはいえ買いすぎ?



にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト




いろんな国での出産、なかなか多くの人にはできない経験。
そのうち本にでもまとめようよ、君の反省。
あっ、”半生”だった。(苦笑)
【2009/09/18 00:00】 URL | a.k.a. akuma #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/18 16:27】 | #[ 編集]
>a.k.a. akuma さん
反省、、、あるあるたっぷり。そりゃ、もう35年生きてますからね~。

でも、色々な国で出産するのも楽しいが、まだ2つとも先進国で良かったよ。やっぱり、あの国ではイヤだなぁ、、と言う国あるもん。
【2009/09/18 16:42】 URL | ayatin #GdGxcPqE[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2018 アムステルダム日記, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。